キッチンをきれいに保つためのメンテナンス方法を教えて!

>

ついでにお掃除できれいを保つ

ついでにササっとがきれいを保つコツ

何でもそうだと思いますが、よしやるぞ!と気合を入れて道具だのなんだの準備しては見たものの、取り組むものがあまりにも難解だと途中で疲れ果ててしまい、結果そのままの状態で放置してしまう事がほとんどではないでしょうか?
筆者がものすごくズボラな性格なのでこれに値するんですが、そんな人間でもきれいなキッチンを保つことは可能です。
それが空いたときにちょこっとついでにササっと掃除。
揚げ物をした日はちょっと食器洗いの時間を増やしてガス台と壁をササっと掃除。粉物のおやつを作った時にはシンク周りもササっと掃除。
なるべくならシンクには物を置かないように食べ終えたらすぐに洗ってしまうように。
汚れがひどくなってしまったら、シンクに水をためて、汚れているキッチングッズを一気にシンクでオキシ漬け。
この方法だと時間も手間も普段の食事の用意とそれほど変わりなく、簡単に済ませられますから実行可能なお手入れといえます。

もしできるなら不用品はおかない

汚れの繁殖に繋がる不用品はできるだけ置かないようにしてみます。
そうすると、カビの頻度が減ったり、キッチンがすっきりしてきれいを保ちやすくなりますよ。
例えば三角コーナー。
都度いらない袋に生ごみなどを入れてゴミ箱やコンポストに移動するようにしていると、三角コーナーは必要なくなりますよね。
水切り籠にいつまでも生ごみが入っていると、湿った状態で中に入っている食物も腐ってしまい、カビの繁殖を助長してしまいますから、手間でなければ三角コーナーはおかない。
筆者はできれば水切り籠も置きたくはない人ですが、今の所、時間がなく、洗ったものを一時置いておく水切り籠がない生活が無理なので置いています。
しかし、ここにも水が溜まってしまってカビを繁殖させてしまいますから、水切り籠は定期的に洗ってきれいを保っておかないと、せっかくきれいにした食器が水切り籠の中で汚染されて片づける時には汚くなってしまいかねませんからね。


この記事をシェアする