キッチンをきれいに保つためのメンテナンス方法を教えて!

>

シンクの汚れの原因と掃除方法はこちら

大体の汚れの原因は水垢と石鹸カス

毎日お料理して、調理事食事後に洗い物をするシンクの汚れの原因と言えばまずは水垢ですよね。
水垢は白くざらざらしたものです。
これは水道水に含まれている炭酸カルシウムやミネラル分が蒸発しないで残ってしまったもの。
よく見なくてもそこかしこについてる…と思ってしまう汚れです。
お掃除の方法はクエン酸やお酢などの賛成の物を使って取り除く方法です。
簡単なのがクエン酸パック。キッチンペーパーやティッシュにクエン酸を吹き付けてシンクに張り、サランラップで上から蓋をするようにくっつけたらしばらく放置。
2時間ほど放置した後ではがして、柔らかいスポンジでこすると驚くほどきれいになりますよ。
ただし、酸性の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生しますからお気を付けください。
石鹸カスは水垢と同じような白い汚れなんですが、そこまで固くないのでこちらは重曹や、セスキ水のスプレーとパックできれいに落ちます。

カビの繁殖は是が非でも防ぎたい…

やはり人の口に入る食事を作るところですから、カビの繁殖だけは是が非でも防ぎたいですよね。
そこでカビの除去方法ですが、やはりこれはカビ取り剤を使うのが手っ取り早いです。
泡タイプのスプレーだと粘着度もあり、長時間汚れに密着してくれますのでお勧めです。
所定の時間をおいてから水で流し、そのあとにスポンジなどでこすり洗いするときれいに落ちますよ。
ただし、他の洗剤と混ざってしまうと有毒ガスを発生してしまいますので絶対に混ざらないよう注意する事と、清掃する際には十分な喚起を行うことをお勧めします。
刺激臭も出ますので苦手な方はマスクが必要かもしれませんよ。
皮膚につくとかぶれてしまう方も中にはいらっしゃいますので、お肌の弱い方は手袋も必ず装着するようにしてください。
カビ取りに関しては清掃後のお掃除したぞ!という満足感が得られるので筆者もたまに自分をほめるためやっていますよ。


この記事をシェアする