キッチンを綺麗にたもつメンテナンス方法とは?

キッチンをきれいに保つためのメンテナンス方法を教えて!

やはり汚れが気になるのはシンク

毎日、食事を作ったり、食べた後の食器を洗ったり…きれいになっている時間が少ないような気がするシンク周り。 シンクをきれいに保つにはまずシンクの素材とそれぞれの特徴を知らないとですよね。 おしゃれな素材で作ったけれどお手入れが大変!となるときれいに保つのが面倒になり、日々汚れが蓄積されてしまう事も…。 ...続きはコチラ

シンクの汚れの原因と掃除方法はこちら

一番汚れるシンクの汚れはいろいろな物があります。 一番多いのが水垢。毎日使っていますし、頻繁にお水を流していますから確実に蓄積されていきます。 同じくらい付いているのが石鹸カスとカビ。 どちらも体に入ると害を及ぼすものなので徹底的に除去しておきたいですよね。 ...続きはコチラ

ついでにお掃除できれいを保つ

食器を洗ったついでに、食器を片付けるついでに。なんでもついでにちょっとずつが効率的です。 一気に全部をきれいにしようと思うと、いくら時間があっても全然足りないのがお掃除とお片付けですよね。 毎日の調理時間にちょこっと掃除で、きれいを保ってしまいましょう。 ...続きはコチラ

一番汚れるシンクの素材

毎日毎日家族のために食事を作っている場所であるシンク。
どれだけ掃除してもきれいになっている時間がものすごく少ないように感じるのは筆者だけでしょうか?
筆者としてはものを一切置きたくないのに、気が付けば洗った後の食器やらなにやら…悲しくなります。
この記事を書きながら目の前に見える洗い終わった食器の山を目にしていますから本当に綺麗に保つ方法がるのなら知りたいと思うのが本心です。
やはり一番汚れてしまうのがシンクではないでしょうか?
食事を作ったり、食べ終えた後の食器を洗ったり。
食べ終えた後の食器はもちろん食器洗い用洗剤で洗浄しますが、それが人間の体内に入ってしまっては毒になってしまうとなると、しっかり汚れを落としておかないと健康を阻害する事にもなりかねません。
そこでまずはシンクの素材を確かめましょう。
素材によっては使えない洗剤や清掃方法もありますから、ご自宅のシンクが何で出来ているのかは把握しておかなければならないですよね。
そして、シンクの次に汚れるのが冷蔵庫の中。
食品を入れておくところですから、しっかりきれいに保っておかないと食材を悪くしてしまいかねませんよね。
筆者も良く土付きの野菜などを購入して保存しているため、定期的に手入れをしないとドロドロになっています。
汚れや過剰な詰め込みは電気代の無駄にもつながりますし、ぜひ改善したいところですよね。
後はシンクの下。外から見えない場所だからといろいろな物を詰め込んでしまった結果使いづらく汚くなってしまう事も…。
使っていない食器や調理器具は定期的に断捨離して、自分の使いやすい物だけを取り出しやすく収納しておきたいですよね。